何が違うの?美容師と理容師の仕事【求人を選ぶ時の注意点】

需要がある理容師の職業とは?求人が増えてきている理由

JOB information

何が違うの?美容師と理容師の仕事【求人を選ぶ時の注意点】

理容室

全く異なる職業だと知ってた?

美容師と理容師は、同じ職業だと思っている人が多いでしょう。しかし、実際は全く異なる職業になります。それに、資格もそれぞれ違うのでこの業界を目指そうと思っているのなら違いについて知る必要があります。違いについて把握しておかなければ、将来的に自分が思っている業界ではなかったと思ってしまうかもしれません。

美容師の仕事とは

まずは美容師の仕事についてご紹介します。美容師は、美容を目的とした方法で容姿を整えることができる職業です。そのため、カラーリング、パーマ、メイクなどは美容師が行なう仕事として認識されています。また、法律上美容師が行なう業務は「美容師法」によって定められています。

理容師の仕事とは

美容師とは違って理容師の仕事は、容姿を整えることが目的です。例えば、頭髪の刈りこみや顔そりなどの業務になります。理容師も「理容師法」によって業務内容が定められています。このように美容師と理容師は異なる職業なので、理解した上で資格を取り求人を探す必要があるといえるでしょう。

年々需要が増えてきている

理容師はあまり需要がないと思われていますが、近年理容室が増えてきています。その理由は、理容師だからこそできることがあるからです。また、男性にとって美容室よりも理容室のほうが行きやすいということから、若い男性も含めて理容室に通う人が増えてきています。こういった背景があるので、理容師の需要が伸びてきています。

広告募集中